ローズベリーカラコンはモデルが可愛いから人気?ものがいいから!

盛りたいローズベリーカラコンレポ

カラコンを買う時にモデルが誰かは考慮する人もいるでしょう。ローズベリーカラコンは可愛さと大人っぽさもあるモデルさんだから好きなんです。

ローズベリーカラコンは1年とマンスリーでサイズが違いも豊富

何だかハーフ系でしっくりくるのがないなと思ってたらあったんですよローズベリーというのが。
私の中ではREVYあたりがハーフ系で14.5mmの人気はというとそうなるかな。
ハーフっぽく見えるカラコンってかっこいいなって思うんですよね。
ティアモ145ティアリーブラウンとかも14.5mmで「度あり」もあるんでかなり好き。
やっぱり発色がいいのってうまくつけれたらかっこいいなってちょっと憧れるんです。
薄めのブラウンって日本人にはあわせやすいのかな?結構種類があるような気がするけど。

 

REVYMISTYも発色がいいし、3トーンが外国人風というか、ハーフっぽさを出すにはいいかなと。
REVYと「REVYMISTY」はレンズの直径は同じく「14.5mm」なんです、着色直径が少し違うんです。
なんです。詳しくはGLAMの通販サイトで確認してもらうとして、この微妙な違いで好みも分かれるかな。
MISTYの5色、どれも大人っぽさもあるけど、会社とか学校には無理かな。
そのかわり、服装とか髪型をうまくあわせて遊びに出たら、結構目立てるかも。

 

今はローズベリーが3トーンハーフ系eyeに向いているかなと思っていますが、vividにhollyくらいまでは知ってましたが、今はdjjuicyとはtrendとかcharmとかもあるし、1ヶ月使用のもあります。
diaも14mmから15mmまでと幅が広いが特徴でしょう。15mmの一ヶ月使用なんて見たことありませんから。

 

値段もすごく安いわけではないけど、許容範囲ではないだろうか。

かみしろゆうこさんのhollyブラウンのローズベリー

どうやら在庫限りとなってましたが、hollyブラウンというとローズベリーの中でも代表的なイメージがありました。
基礎的なことを考えると、難しいテクニックとかよりも、いかにナチュラルに、馴染ませるかということが、オシャレの基本なのではないでしょうか。
プロのメイクさんとかでも基本を大事にするというのは聞いたことがあります。
私も何でも背伸びしようとせずに、もっと近いところをきちんと見れるようになりたいです。
ローズベリーカラコンのホーリーブラウン

 

ティアモなどにもローズベリー カラコンと同じく派手なデザインのもあります。
たとえば145のクラッシーバイオレットとかも発色も明るくて評判がいいみたいで雑誌でも見たことがあります。
リプサービスバイカラーやマックスカラーやかなりのブランドから盛れるのは出てますから、ハーフ系で考えるにしてもデュラスやリエンダやあれこれ見ておいて損はないと思う。
しかしここで特筆すべきローズベリーのことがあります。それはレンズ直径のことです。
dia15.0mmから14.0mmのまであるのがローズベリーカラコンなんです。
たった1mmでも見た目は劇的に違います。DJ JUICYみたいな新作から買ってみるのも初心者さんにはおすすめです。


ホーム RSS購読